わたしは16の頃からお化粧をするのが好きでした。その為10代の学生の頃は安い化粧品しか買えませんでした。100円均一に売っているような化粧品を使ったりしていましたが、個人差もありますがわたしの肌には合わず、肌荒れの原因になってしまっていました。

そして自分でお金を稼ぐようになってからはプチプラの化粧品を使うようになりました。メイベリンやロレアルパリなどの肌荒れを隠せるようなリキッドファンデーションばかりを使っていました。

しかし母に若いのにそんなに厚塗りするのは変だと指摘され一度化粧の仕方や化粧品を考えてみようと思いました。

そんなときに流行りだしたのがBBファンデーションです。美容液や下地が入っている為、余計なスキンケアをせずに肌を傷めずにすみました。そして厚塗り感をなくすのに出会ったのがビューティーブレンダーです。

スポンジは余計なファンデーションを取ってくれるだけでなく程よくツヤ肌にしてくれ薄づきだけどしっかりカバーをしてくれました。使いはじめてからは毎日スポンジでファンデーションをたたきこんでいます。今肌トラブルがないのはビューティブレンダーのおかげです。

ほのかに香る日本酒に癒される!コスパ抜群の大容量化粧水

日本酒メーカーの菊正宗より販売されている「日本酒の化粧水 高保湿」が最近のお気に入りです。肌が乾燥気味なので、季節問わず高保湿タイプを愛用しています。

ほんのり日本酒のやさしい香りがして(ツーンとするようなアルコール臭ではありません)、お酒好きにはたまりません。肌があまり丈夫でないのでたまに肌が化粧品に負けてしまうことがありますが、この化粧水は何のトラブルもなく使い続けています。

500mlの大容量で800円ほどとコスパ抜群なので、顔だけでなくボディ全体にもバシャバシャと使用しています。さっぱりとしたテクスチャーなので、さっと塗ってさっと服を着たいお風呂上りにぴったりです。ポンプ式のボトルも使いやすくていいです(勢い余って出し過ぎてしまうのがたまに残念ですが)。

寒い時期は浴室までこの化粧水と同ラインの乳液を持ち込んでいます。冬など肌の乾燥が気になる時期はコットンに化粧水を浸してパックすることもあります。いい香りで気持ちいいですよ。近所のドラッグストアやインターネットで気軽に購入できるのも魅力的です。

顔や体、髪にまで何にでも使える、無印のホホバオイル

私のお気に入りの美容グッズは、無印良品の美容オイルの中のホホバオイルです。

さらっとした、テクスチャーに、お風呂上りの、洗顔した、お肌に、化粧水の前にさっと伸ばしたら、冬でも乾燥知らずの、お肌を保てます。

美容系のスマホアプリでも紹介されていましたが、ホホバオイルを、綿棒にとり、小鼻の毛穴の黒ずみにくるくると、綿棒を転がしたら、次第に、綿棒が、黄色くなり、汚れが取れていきます。

それから、踵のがさがさにもとてもいいです。香りもあまりないですし、べたつかずに、いいです。コスパもよくて、美容系のコラムでもたびたび紹介されているすぐれものです。

もうひとつ、いい使い方があって、これも無印で買えるんですけど、スプレーの容器に、ミネラルウォーターか、精製水を入れて、その中に、ホホバオイルを、すうてきたらして、風呂上りに髪の毛をドライヤーで乾かした後に、髪にスプレーすると、びっくりするくら、髪がさらさらになるそうです。

顔、体、髪に、全身に使える、無印のホホバオイルは、スキンケアの一つとして、1つは持っておくといいとおもいます。
本当にお勧めです。

私のおすすめは資生堂マキアージュシリーズ!

私が以前より愛用している化粧品は資生堂のマキアージュシリーズです。資生堂は日本のブランド力の高いメーカーの一つとして大変信頼しています。

化粧による肌荒れがひどく、悩んでいる時期がありました。そこで、韓国コスメや日本の安いメーカーよりは老舗ブランドの方が日本人の肌を研究していると考え、資生堂のブースに行ってみました。そこで勧められたのがマキアージュでした。

マキアージュの下地およびファンデーションを使ってみると、化粧をしたまま落とすのを忘れて寝てしまっても、ニキビができることはありませんでした。

また、ニキビや肌の赤みを消すカバー力も大変ありコンシーラーなど必要としないくらいでした。化粧下地は大変伸びがよく、ベタつきもなくまるで水のようで伸ばしやすいのです。

ファンデーションもその上から滑るように肌につきました。寝不足の肌にも堪えることなく化粧乗りが大変良い商品です。マキアージュファンデーション専用のパフがその化粧の出来具合を左右しているといっても過言ではないくらいで、資生堂の研究は信頼できるものであると思いました。